• 狛江市議会議員 辻村ともこ

辻村ともこ 今後の重点取り組み課題⑩  「ストリートピアノ」を推進します。

ストリートピアノとは街中・街角に設置された誰でも自由に弾けるピアノの通称。音楽を通じて人と人のつながりを生み出すといった趣旨を込めて設置されています。

私は、小田急電鉄と行政に働きかけ実施実現に向け推進して参ります。


駅やストリートに不要になったピアノを設置して,誰もがピアノに触れられる機会をつくることはできないか。いわゆるステーションピアノやストリートピアノは世界中に広がってきています。


私が最初に知ったのは、ニューヨークで、貧困や障がいのあるお子さんたちに、不要になったピアノへ自由にアートを描かせ、街角で、誰もがピアノを弾ける場所を作り、そこでは、様々な人が、様々な人生観をもって、ピアノを演奏することで、人と人の繋がりや、ドラマが生まれるというものでした。

NHKで特集されています「空港ピアノ」も同様です。


辻村ともこは、市に働きかけ、「音楽の街」として「ステーションピアノ」や「ストリートピアノ」の実現に向けて推進して参ります。




~全力投球しています!~

東京都狛江市議会議員

自由民主党3期目チャレンジ

辻村ともこ



#狛江市議会議員

#自由民主党

#辻村ともこ

#ストリートピアノ


162回の閲覧

最新記事

すべて表示

辻村ともこ今後の重点取り組み課題①「喜多見駅狛江市側改札口設置を推進します!」

辻村ともこは、40年前に存在した、喜多見駅狛江市側臨時改札口(現在木下保育園ひまわり園のある場所)の復活を推進し、市民の皆様の安心安全、利便性と、快適性のあるまちづくりを推進します。 (理由) プレイスコート喜多見をはじめとする、岩戸北2丁目付近の急速な人口増加に伴い、電力中央研究所前から、世田谷区域にある喜多見駅改札口までの間での、通行安全確保が難しくなっているという陳情が相次ぐため。(人と自転

辻村ともこ 今後の重点取り組み課題②  「財政赤字、これ以上増やしません!」

辻村ともこは、規律ある財政運営を進め、財政確保策について提言し、市の基金(市の貯金)を増やし、皆さんの生活を豊かに出来るよう、推進してまいります。 ◆財政確保に向けた取り組み 提案内容 1.個人企業誘致 (法人税収の増加、市内7,000箇所ある空きアパートの活用推進!) 2.中小企業診断士の方々のノウハウを生かせるまちづくり (中小企業支援) 3.広告ネーミングライツの推進 (新たな収入源の推進。

辻村ともこ 今後の重点取り組み課題③ 「狛江市に人工芝グランドを作ります」

辻村ともこは、新たに、東京慈恵会医科大学附属第三病院のグランドと提携し、人工芝のグランド(屋外運動場)を増やします! 東京都と連携し、都立公園誘致を進め、水道局跡地に、グランドを作ることを推進します。 (理由) 狛江市では、現在グランドが不足しており、多くの市民のみなさんが、屋外運動場を求めています。 ワールドカップラグビー2019に向けても、ラグビー運動場が一つもありません。 そこで、辻村ともこ

logo.png